ユネスコのさまざまな活動

ここでは、「ユネスコのさまざまな活動」 に関する記事を紹介しています。
本サイトの『探検ロマン世界遺産 dvd』は、・・・・・


管理者のわたしは、海外旅行専門の旅行会社で二十数年間、世界遺産見学ツアーを含む色々なツアー手配に携わってきています。一応、部長です(^^ゞ
海外旅行のプロと自負しています。

番組制作会社の海外旅行番組制作のお手伝いをしたこともあります。

nhkの世界遺産dvd
そのような経験の中で、わたしだったら、
「ここの世界遺産をぜひお勧めするのになぁ~」とか、
「せっかくここに行くのだったら、ここも紹介すべき!!」
というようなことが、本当に多いです。

そんな、他のサイトでは紹介できないような、
プロから見た世界遺産の楽しみかた、行きかた、などを紹介します。

ゆっくりと見て、楽しんでくださいね♪


そして、感動を再び・・・・・・・・・・・
NHK-DVD 世界の夕景 世界遺産を巡る旅


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本では現在、文化遺産が11件、自然遺産が3件、合計14件の世界遺産が登録されています。また、自然遺産では小笠原列島、文化遺産では富士山や彦根城など、合計9件が世界遺産候補として暫定リストに登録され、世界遺産への登録を目指し、その調査とPR活動を積極的に展開しています。

そもそもユネスコの世界遺産活動は、世界中の遺産を国際的な組織の枠組みのなかで保全していこうという取り組みです。世界にはさまざまな要因で保護が困難になっているところがあります。日本ユネスコ協会連盟は、日本だけではなく、アブがニスタン、ネパール、ベトナム、パキスタン、フィリピンで、世界遺産の保護活動を行っています。

たとえば、どのような活動があるのか、具体的にみてみましょう:

ベトナム社会主義共和国では、2005年3月~2005年9月にかけて、ベトナム・ユネスコ国内委員会と協力し、ベトナムのファンニャ・ケバン国立公園(2003年に自然遺産として世界遺産リストに登録)のもつ貴重な価値を観光客や地元に人びとに知ってもらうためのパンフレットを663,000円の支援額をもって、制作、配布しました。

また、アフガニスタンのバーミヤン渓谷では、2004年に着工、2005年には保存・修復技術研修センターを完成し、「人材の育成」に取り組み始めました。

もちろん日本でも、日本で初めて世界遺産として登録された自然遺産のひとつである、「白神山地」で2005年4月~2006年3月に、植栽活動を展開しました。白神山地とその周辺の山地を未来へ引き継いでいくことを目指した活動です。

世界遺産リストへの登録の本当の意味は、登録後にいかにそれを維持し、未来に伝えていくか、また世界遺産と共に生活していくことに誇りをもてるようにしていくかということがテーマとされています。こうした持続的な活動を広く展開してほしいですね。


スポンサーサイト

関連タグ : 世界遺産, 日本ユネスコ協会, ベトナム, アフガニスタン, 白神山地, DVD, NHK,

そもそも世界遺産とはなんでしょう?

世界遺産とは1972年のユネスコ総会で採択された「世界遺産条約」(「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」)に基づいて、世界遺産リストに登録されたものをいいます。

では、その「ユネスコ」とはいったいどのような活動をしている機関なのでしょうか?

世界遺産をめぐる活動の根拠となっている、ユネスコの理念、目標とはどのようなものなのでしょうか?



ユネスコとは国際連合教育科学文化機関のことです。正式名称のUnited Nations Educational, Scientific and Cultural Organizationの頭文字をとってUNESCOと呼ばれています。

国際連合の経済社会理事会の下におかれている、国際連合の専門機関のひとつです。教育、科学、文化の発展と推進を目的として、1945年に採択された「国際連合教育科学文化機関憲章(ユネスコ憲章)」に基き、フランスのパリに本部を置き1946年に設立されました。

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」(ユネスコ憲章の前文より)

には、教育や文化の振興を通じて、戦争の悲劇を繰り返さない、というユネスコ設立の目的とその精神を明確に示しています。

ユネスコのその活動において準点的に推進される目標とは。


●「万人のための基礎教育」

●「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」



前者については、たとえば、識字率の向上や義務教育の普及のための活動が行われます。一方、世界文化遺産に関する活動は、この後者の目標について実施されています。

具体的には、
1.世界遺産の登録と保護
2.文化手要請条約の採択
3.世界の記憶事業(歴史的記録遺産を保全する活動)



日本は、国際連合への加盟が認められた1956年より早く、1951年にユネスコに加盟しています。2007年11月現在で、加盟国は193カ国、準加盟国は6を数え、各国の高い関心を集めています。


日本国としてのUNESCOの窓口は、日本ユネスコ国内委員会(文部科学省内)です。

1984年に米国が、翌1985年に英国が脱退しています。(今はいずれも復帰しています)

関連タグ : 世界遺産, 国際連合, ユネスコ, 世界遺産条約, 保護,

世界遺産をめぐる活動で有名なユネスコとして有名な、国際連合教育科学文化機関、は1945年11月に採択された「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて、翌年1946年に設立されました。

教育、科学、文化の発展と推進を目的とする国際連合の専門機関のことです。

ユネスコの主な活動


 1.「万人のための基礎教育」

 2.「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」

であり、

世界遺産の登録と保護は、2に基づきます。ユネスコはその他に、1の活動として、識字率の向上や義務教育の普及活動を行っています。この1の活動は、日本の財団法人ユネスコ協会連盟においては、「寺子屋運動」として展開されています。面白いタイトル名ですね。しかしインパクトがあります。世界中のすべての人に教育の機会を提供し、読み書きや計算を学べるようにしようという運動です。

具体的には、学習の場の建設、識字と生活技術の授業、教員・寺子屋運営者の研修、さらに教材づくりも行います。2002年~2013年は、「国連識字の10年」と定められました。すべての子どもたちが学校に通えるように、また成人女性の識字率向上を目指しています。

その他、「一杯のスプーン」と題し、発展途上国の寺子屋で学ぶ子どもたちや、スラムで生活する子どもたちへ給食を提供し、栄養プログラムを実施する活動です。これは1974年に始まった国際協力活動です。食糧、医薬品の支援も行っています。たとえば、アフガニスタンの子どもたちに緊急薬品と食料支援、ネパールの仏教協会へ医薬品と食料支援を行っています。

これらの活動への協力として日本ユネスコ協会連盟は、募金や書き損じのはがきの回収を呼びかけています。さらに、この現実をじかに体験し、支援のあり方やニーズを知るために、協会では「寺子屋運動スタディツアー」も行っています。

私たちが日本で当然のように受けた義務教育を受けられない子どもたちが世界には、7700万人いるといわれ、文字の読み書きができない人は7億8100万人に上ります。この現実を考え、私たちは自分たちがいかに恵まれているかを実感すると共に、何ができるかを考え、その機会を奪われてしまっている世界の子どもたち、人びとに対して考えさせられることですね。

タイプ別おすすめ海外ドラマ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。