登録抹消された世界遺産

ここでは、「登録抹消された世界遺産」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ中継などの影響や、世界遺産に認定された後の観光客目当ての観光産業から、現在、世界中の注目を浴びているユネスコの世界遺産。各国がそれぞれ暫定リストを提出し、登録を待っているものが多数あります。

暫定リストというのは、各国が5年から10年以内の世界遺産への登録を目指し、世界遺産委員会へ提出するリストです。したがって、たとえ各国が暫定リストに掲載し、世界遺産委員会に提出されたとしても、実際、世界遺産委員会がその「顕著で普遍的な価値」を認めたことではありません。

ICOMOS(国際記念物遺跡会議)が、現在暫定リストに登録されているものに対して、登録の延期や非登録の勧告を行ったものなどもあります。

また、世界遺産は登録された後にも、保全状況を6年毎に報告し、世界遺産委員会での再審査を受けなければならないようなシステムにより将来にわたって継承していくための保護と管理がなされることも求められます。

これは何を意味するかというと、一度登録されたもののその登録を抹消されるケースもあり得るということです。

その具体的な例のひとつをご紹介します。

オマーンのアラビアオリックス保護区(自然遺産)です。

アラビアオリックス保護区は、自然遺産の登録基準10を満たすと認められ、1994年に世界自然遺産に登録されました。



基準10とは生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには、科学上、または、保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれます。




基準への該当の根拠は、

絶滅が危惧されるアラビアオリックスの野生の生息地を限定する地理学的・自然地理学的な構造を含んでいる。


オリックス以外の絶滅危惧種の生息地でもある。

しかし、1996年には450頭のアラビアオリックスが生息していたにもかかわらず、その後その数は減少し、現在は65頭に減ってしまったのです。減少の要因は、密猟と環境悪化です。

オマーン政府は保護地域の面積を9割削減することを決定しましたが、世界遺産委員会は、「オマーン政府の決定事項は本物件の世界遺産登録の根拠となった普遍的価値を損なうものである」と判断し、危機遺産にも登録せずに、本物件の登録抹消を決定したのです。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://41sekaiisan.blog27.fc2.com/tb.php/31-53a3f36e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
タイプ別おすすめ海外ドラマ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。